• ホーム
  • トリコモナスと淋病の症状は似ている?

トリコモナスと淋病の症状は似ている?

2019年10月14日

クラミジアと同じように性行為で感染する性病に、淋病とトリコモナスがあります。淋病は淋菌と呼ばれる細菌感染が原因で起こる病気で、抗生物質で治療をします。トリコモナスは細菌ではなくて寄生虫によって起こり、抗生物質で治療をすることができません。トリコモナスと淋病は治療方法が全く違いますが、症状がよく似ているので治療を始める前に検査を受ける必要があります。薬を服用して治療をする場合は、両者の見分け方のポイントを知っておくと役立ちます。

淋病の特徴ですが、男性の場合は尿道炎や精巣上体炎などを発症します。2~7日程度の潜伏期間を経た後に尿道炎が起こり、排尿時の痛みを感じたり尿道口から黄白色の膿(うみ)が出ます。女性が感染すると、子宮頸管炎を起こすことが多いです。女性の場合は自覚症状が出にくいという特徴がありますが、子宮頸管炎を起こすと粘性のある膿が出ます。男女ともに咽頭部の粘膜に感染する可能性があり、普段は無症状でも免疫力が弱くなった時に咽頭炎が起こる場合があります。

特徴ですが、男性の場合は10日ほどの潜伏期間を経た後に尿道の分泌物が出ます。男性はトリコモナスの症状が出ても、痛みや違和感などを感じにくいという特徴があります。女性は泡状で臭いの強い黄色のおりものが多量に出たり、強いかゆみや刺激感を感じるようになります。

トリコモナスと淋病は、男女ともに膿などの分泌物が出るという点で症状がよく似ています。男性の場合は潜伏期間に数日程度の差があり、淋病のほうが早く発症します。女性は自覚症状の有無の点で症状の違いがあり、淋病は痛みなどを感じないのに対してトリコモナスのほうは強いかゆみや刺激感が出ます。発症すると分泌物が出るという点では両者はよく似ていますが、女性の場合はかゆみや刺激感の有無の点で差があります。トリコモナスと淋病は一見すると症状がよく似ていますが、見分け方は潜伏期間やかゆみや痛みなどの有無を確認することです。

淋菌の感染力は1回の性行為で約30%で、病原菌は低温・高温に弱くて炭酸ガスがなければ生きられないことから、性行為以外で感染をするケースはありません。トリコモナスのほうは感染力が非常に強く、1回の性行為でも感染をしてしまうリスクが高いです。病原体は乾燥に弱いのですが、水分があれば長時間にわたり生き続けることができます。このため、ごく稀に性行為以外でも感染をするケースがあります。

淋病とトリコモナスは治療薬の種類が違いますが、両方とも適切に治療をすれば、病原体を消滅させて完治させることが可能です。両方とも治療薬を服用して完治させたとしても免疫を獲得することができないので、再感染をすると再発する可能性があります。治療をして完治後に再びパートナーから感染させられてしまう場合があるので、もしも病気に気づいたらパートナーと一緒に治療を受けて同時に完治させることがとても大切です。