英語を学びながら自由なワークスタイルで働ける翻訳という仕事

英語を学びながら自由なワークスタイルで働ける翻訳という仕事

修行期間、所謂練習期間ということはこちらからお金を払って物事を学ばせてもらう時間となります。

特に学校といった教育機関は当たり前のことながらお金を払って学んでいくのは常識です。だからこそ、勉強しながら学ぶというのが概念としてあまりないのかも知れません。

簡単にまとめてしまいますと要するに勉強して一人前になるまでは稼げないということです。

翻訳というのはこの常識が通じない世界でもあります。

ではどうしてその常識が通じないのかその理由を調べていきましょう。

森谷式翻訳術HP

どうすれば英語で稼げるようになるか?おさらい

英語を使って稼ぐには?

英語だけを使って稼ぐとなると仕事としては英話の教師が一番わかりやすいかも知れません。

ただ日本の場合は英語を仕事にしたいというのはあまり少なく、仕事上どうしても英語を使わないといけなくなったとか英語が出来たほうが仕事の幅が広がるとかそういう理由で英語を学んでいる方が多いですね。

森谷式翻訳術はそれとは考え方が違っており、翻訳作業により稼げるようになり自由なワークスタイルを手に入れようと考えています。

自身のワークタイルに柔軟に対応

森谷式翻訳術の根幹にあるのは英語を活かして自由な働き方を手に入れようということです。

それでは自由な働き方とはどういうものを指しているのでしょうか?

時間に縛られない。

会社員やパートみたいに9時から18時まで定時は決まっていないですし、残業もありません。

自分の働きたいときに働くことが出来ます。

そのため自身のスケジュールと合わせた働き方が出来ます。

朝、昼、夜とスキマ時間を利用して2時間働くというようなことも出来ますし、休日で時間に余裕があるときにがっつりと働くということも出来ます。

場所に縛られない。

毎日面倒な通勤をしなくて済みます。

寒い日や雨の日、暑い日は外に出るだけで体力を消費してしまいますよね。

翻訳の仕事はオフィスに行く必要がありません。

在宅で仕事をしていてもして問題ないですし、カフェでコーヒーでも飲みながら優雅に仕事をしても問題ないです。

自分のパフォーマンスが最大限に発揮出来て落ち着ける場所を自由に選べます。

人間関係に縛られない。

働いている以上切っても切れないのが人間関係、翻訳業ならそんな心配はありません。

嫌な人間関係に疲れてしまう方が多い現代社会でこんなに人を気にせず働けるのはまずないでしょう。

精神的にストレスがなくなるので、余計な悩みの種が一気になくなります。

森谷式翻訳術HP
TOPページを見る