薬を飲んでいる男性

クラミジアは、日本国内で感染者が多い性病のひとつとして問題になっている感染症のひとつです。この病気はクラミジア・トラコマチスという細菌が性器や喉の粘膜に感染することで起こる炎症で、重症化すると不妊症などの後遺症が残る恐れがあります。クラミジアは抗生物質を用いて治療をすることができ、尿道炎などの初期の段階であれば薬を飲むだけで簡単に完治させられます。

クラミジアの治療には、マクロライド系抗生物質のひとつであるアジスロマイシン水和物を含む抗菌剤が用いられます。アジスロマイシンを有効成分とする抗菌剤で代表的なものは、ジスロマックです。ジスロマックは飲み薬(錠剤)で、1錠あたりに含まれる有効成分の量が250mgと500mgの2種類のタイプがあります。クラミジアの治療で使用する場合には、有効成分1000mg(500mg錠であれば2個)を1回だけ服用します。1回飲むだけで1週間にわたり抗菌作用を発揮し続け、90%の確率で治癒します。

クラミジアの病原体は、感染後に体内で3~4日周期で増殖をして数が増えます。アジスロマイシンは1週間にわたり抗菌効果が持続するので、病原体が増殖をする時期のうち2回分をカバーすることができます。1週間にわたり抗菌効果を持続させることで、病気を治癒させることができます。

薬の効果を引き出すためには、病気の種類に応じて正しい服用方法を心がけなければなりません。ジスロマックは病気の種類によって服用回数や量を変える必要があり、他の感染症の治療で用いる場合は3回に分けて飲む場合があります。3回に分けて服用する際は、1回あたり500mg錠1個(または250mg錠2個)を3日間連続で飲みます。ジスロマックは淋病やトリコモナスなどの他の性病には治療効果が期待できないので、クラミジア以外の病気に感染した場合は病原体の種類に応じて他の薬を選択する必要があります。

クラミジアは終生免疫がつかないので、治癒後も再感染をすると再発する恐れがあります。このため、パートナーから再びうつされてしまうピンポン感染に注意が必要です。ピンポン感染を防ぐためには、パートナーと同時に治療をうけて病気を完治させることが大切です。

ジスロマック(アジスロマイシン)はクラミジアの治療薬として用いられる薬で、病原体の抗菌作用が非常に強いという特徴があります。ペニシリン系の抗生物質と比べてアレルギーを起こしにくいので、安全性が高い治療薬として知られています。アジスロマイシンを服用すると、他の抗生物質と同じように胃腸障害や下痢などの副作用が出る場合があります。ただし腸内細菌に対する影響が小さいので、下痢などの副作用が出にくいというメリットがあります。

ジスロマックは安全性が高い薬ですが、稀に副作用が出る場合があるので注意が必要です。薬の添付文書によれば、主な副作用として下痢(3.28%)・ALT(GPT)増加(2.21%)・白血球数減少(1.6%)などが挙げられています。病院では整腸剤と一緒に処方される場合があり、下痢を防ぐことができます。軽い胃腸障害であれば問題ありませんが、職場などの健康診断で血液検査を受ける場合には、薬を服用していることを医師に伝えておく必要があります。

発生頻度は非常に低いのですが、ジスロマックには重篤な副作用も確認されています。重篤な副作用として、呼吸困難・喘鳴・頭痛・吐き気などが出る恐れがあります。これらの発生率は1%未満ですが、念のために注意をするようにしましょう。強い吐き気を感じて服用後に吐き出してしまうと効果が発揮できなくなるので、医師に相談をする必要があります。

記事一覧
ヘルペス治療薬のド定番!バルトレックス!

性器ヘルペスは性行為によって感染する病気のひとつで、病原体は単純ヘルペスウイルスと呼ばれるウイルスです。ウイルスに感染すると、性器や唇などにチクチクとした痛みを伴う水ぶくれが生じます。症状は数日~2週間ほど続き、自然に消滅して治癒します。治癒した後も免疫力が弱くなると再発することがあり、人によっては...

2019年11月25日
ジスロマック以外にクラミジアに効く薬はある?

日本国内の病院や診療所で初期のクラミジアの治療を受ける場合には、先発薬のジスロマックが処方されます。海外には、ジスロマック以外にもアジスロマイシンを有効成分とする治療薬(ジェネリック医薬品)が安い値段で販売されています。ジェネリック医薬品(後発薬)は先発薬とは別の薬として扱われますが、有効成分の量や...

2019年08月12日
イボが怖いコンジローマの治療方法

尖圭コンジローマは病原体が性器周辺に感染することで起こる性感染症のひとつで、ヒトパピローマウイルス(HPV)が原因で症状が発症します。このウイルスは皮膚や粘膜の上皮に感染して繁殖をするという特徴を持ち、100種類を超えるタイプが知られています。危険性が高いタイプのウイルスは子宮頸がんの原因になること...

2019年09月24日